洗濯槽の汚れを取る方法について

洗濯機の汚れの主な原因は黒カビ

洗濯をしたのに洗濯物が何となく臭ったり、黒いカスのようなものが洗濯物についていたり、などという経験がある方は少なくないと思います。
ではこの臭いの原因や黒いカスの正体は何でしょうか?
薄々気がつかれていると思いますが、これらの原因は「黒カビ」によるものです。
黒カビは、洋服についた汚れや石鹸カス、ホコリや水垢などをエサに繁殖していきます。これらの汚れは洗濯機を使用していれば自然に増えていきます。ですので定期的に洗濯機の掃除をする必要があるのです。
黒カビは、ジメジメとした空気を好むので、水分を含んだ洗濯槽の中は黒カビにとっては居心地の良い住処と言えます。
出来るだけ洗濯槽内を乾燥させておくことも、黒カビを発生させない要因になるので、使用していない時は洗濯機の蓋は開けておいたほうが良いでしょう。

洗剤の使いすぎも黒カビの原因の一つ

綺麗にしようと思って、ついつい洗剤を多く入れすぎたり、臭いが気になるから柔軟剤を入れすぎたりはしていないでしょうか?
実は、洗剤や柔軟剤を規定より入れ過ぎても、その効果が高まるわけではありません。むしろ入れすぎたことにより、それらの使い残りがカスとなって洗濯機に残ってしまいます。そして、このような洗剤の残りカスも、黒カビの大好物なのです。
綺麗にしているつもりが、かえって汚れの原因となってしまうのは悲しいですよね。
洗剤や柔軟剤は、規定の量を守って使用していきましょう。臭いが気になるのであれば、洗濯槽の掃除をしたほうが良いと言えます。
洗剤の投入口は取り外しが可能な洗濯機が多いですので、前の洗剤が投入口に残っているようであれば、捨ててから新しく洗剤を入れて洗濯機をまわすようにすることをお勧めします。

この記事をシェアする
TOPへ戻る